「クレジットカードの悪用犯罪が増えていてカードを持つのが恐い」という人も多くいらっしゃることでしょう。
しかし自己管理の徹底と、使用する際の注意事項を厳守することである程度未然に防ぐことが出来るのです。 米国ではクレジットカードが出てきた当初、小切手と併用して使われていました。
それが別の形で完成され出来たシステムがクレジットカードとなるのです。

 

日本国内で広くクレジットカードが普及してきたのは、今からおおよそ50年前程度となっています。
しかし現在においても依然現金決済が主流となっており、まだまだクレジットカードはこれからといった感じです。クレジットカードが初めて誕生した時期というのが、100年前でありアメリカとなります。
日本ではまだクレジットカードというものが無かったその時代に当時のアメリカでは一般的に利用されてきていたのです。





イカリソウはここへ
URL:http://www.suplinx.com/shop/g/g071-04758/
イカリソウドットコム


現金主義よりもクレジットカードブログ:17/05/05

皆様が気になる体脂肪。
減量をしている人にとって、
とても気になるのは、皮下脂肪ではないでしょうか?

二の腕やもも、ウエストのプルプルした皮下脂肪、
どうにかならないものかと…

外見上は痩せているように見えても、
体脂肪率が高い人は、皮下脂肪がたっぷりで健康上もよくありません。
肥満解消のためにも減量が必要です。

もともと痩せている人は、
8kg〜8kg痩せれば外見上もかなり変わりますから、
短期間の食事制限で減量しようとするのは大間違い!
さらなる悲劇を招くことになるのです。

食事制限のみで痩せると、筋肉が落ち、
脂肪だけがそのまま残ってしまいます。
誤った減量法によって、
若い女性に増えているのが、このタイプの肥満なんですよね。

女性は特に
「トレーニングするとすぐに筋肉がついてしまう」と、
トレーニングによる減量を避けてしまいがちですが、
それは誤りなんです。

よっぽど特別なトレーニングをしない限り、
筋肉ムキムキなからだになることはありません。
筋肉がついてしまうことよりも、
筋肉がつくことで、基礎代謝量が増え、
消費するエネルギーが増えることの方が重要なのです。

基礎代謝とは、
人間が生命を維持するために、最低限必要なエネルギーの消費のこと。
同じ量を食べていても、
筋肉がついているからだの人の方がエネルギーの消費量は当然多くなります。

ですから、
食事制限で痩せて、脂肪だけが残り、
消費するエネルギー量も減るという悪循環に陥る前に、
カロリーを摂取して、エネルギーを減らすトレーニングをしながら、
筋肉をつけていくことを考えましょう。

・・・と、書いてみるテスト

このページの先頭へ戻る