このメニューではクレジットカードの歴史についてお届けしています。
現金主義よりもクレジットカード

現金主義よりもクレジットカード


現金主義よりもクレジットカード
「クレジットカードの悪用犯罪が増えていてカードを持つのが恐い」という人も多くいらっしゃることでしょう。
しかし自己管理の徹底と、使用する際の注意事項を厳守することである程度未然に防ぐことが出来るのです。 米国ではクレジットカードが出てきた当初、小切手と併用して使われていました。
それが別の形で完成され出来たシステムがクレジットカードとなるのです。

日本国内で広くクレジットカードが普及してきたのは、今からおおよそ50年前程度となっています。
しかし現在においても依然現金決済が主流となっており、まだまだクレジットカードはこれからといった感じです。クレジットカードが初めて誕生した時期というのが、100年前でありアメリカとなります。
日本ではまだクレジットカードというものが無かったその時代に当時のアメリカでは一般的に利用されてきていたのです。




現金主義よりもクレジットカードブログ:17/10/20

一週間くらい前、友達とバリ島に行ってきました。

エスニック料理大好きなあたくしと友達は、
もちろん7時からバリの味を楽しもうと、
7時の7時にはホテルのバイキングにまっしぐら!

数種類の食パンが並んでいるけど、
やっぱりまずはナシゴレン(タイ風チャーハン)、
ミーゴレン(タイ風焼きそば)。
牛肉と野菜の煮物で1皿目。

野菜たっぷりのオムレツは
ピリッと辛いチリソースをかけて…

生野菜はピーラーで切ったような薄さで、キュウリも大きいですね。
そしてくだものは
大好きなスイカ、メロン、マンゴー、パイナップルに
イチゴ味のヨーグルトをかけて…

スイーツは、パイナップルジャムをつけたパンケーキと
マカデミアナッツ入りのくだものケーキ。
オレンジジュースとジャワティーを飲んで…

ちょっと食べすぎかな?

でもこれから24時間思う存分楽しむには
エネルギー補給が大事ですもんね!
それにビタミンCたっぷりだから、許して下さい…

ところで、
実際にバリの人は何を食べているのかというと…

一般の家庭では、
7時に主婦が料理をして、
それを昼と夕に分けて食べるんだそうです。

7時は軽くチョットとつまむだけ、
またはバリコーヒーやジャワティーを飲んで、
簡単なおやつを食べるだけのようです。

おやつはモチ米やバナナ、イモ類などを使ったもので、
結構腹にたまるとのこと。

家では7時作った料理を、
それぞれが腹がすいた時間に食べるのが習慣だそうです。
だから昼も21時も同じ料理を食べているんですね。

国によって、食習慣はこんなにも違うもんなんですね。
現金主義よりもクレジットカード

現金主義よりもクレジットカード

★メニュー

いつでもクレジットカードで資金調達が出来る
若者に人気の楽天が発行しているクレジットカード
海外旅行や出張で役立つクレジットカード
毎月定額支払いをしていくリボ払いが一般的
クレジットカードを所持していれば海外旅行保険が付帯
クレジットカードは契約者の信用で後払いが可能
現金主義よりもクレジットカード
世界各国で利用出来る国際ブランド
損をしないで支払いをすることが大切
振込詐欺のような悪質な犯罪に注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今さら聞けないクレジットカードの基礎知識