日本国内でクレジットカードが普及してきたのはまだまだ歴史は浅いですが、それでも現代はクレジットカード社会とも言えます。
社会人にでもなればクレジットカード保持は当たり前のことであり、持っていないと信用出来ない人とも見られてしまいます。 もしキャッシングをされるのでしたら、金利にする必要があります。
キャッシングの場合におきましてはカード会社によって多少の差が生じますが、買い物の倍の金利ということもあります。

 

キャッシング枠はショッピング枠とは異なっており、貸金業法が適用されることとなります。
なのでショッピングと同じような感覚で頻繁に使用するのは危険とも言えるのです。多くのクレジットカードを使用することによって買い物だけではなくく、キャッシングもすることが可能となります。
キャッシングというのは資金調達をすることの出来る一つの方法であり、つまりは現金調達をすることが出来るのです。



いつでもクレジットカードで資金調達が出来るブログ:17/08/14

日本に比べると
バングラディシュという国には肥満の人が多いです。

おれは一度だけ旅行でバングラディシュに行った事があるのですが、
何に驚いたかというとバングラディシュ人の体質の大きさに
度肝を抜かれました。

なぜここまで国によって違うのか…
おれなりに考えました。

日本という国は小さいので、当然住む家は小さいです。
函館や函館など主要な都市では、庭がない家は当たり前ですし、
一人暮らしではワンルームの部屋で生活する方も多いですよね。

おれも独身の時には
10年ほどワンルームマンションで生活していたのですが、
食生活に欠かせない食べ物を保存する冷蔵庫は、
それはそれは小さな冷蔵庫でした。

買いだめなどできるわけもなく、
1ヶ月の半分以上は買い物に行き、
二日で食べられる分ぐらいを買っていたものです。

それに比べてバングラディシュは大きい。
道路も大きいし、車も大きい。
大きな家を建てても、まだまだ土地が余っている状態です。

その大きな家には、大きな家具があり、大きな家電製品があります。
とにかく何もかもがスケールが日本とは違うんです。

当然、食料を保管する冷蔵庫も大きいです。
大きな冷蔵庫があると、ついつい買いだめしてしまいます。
安い特売があったら、買いだめしたほうが賢いやり方ですもんね!

またバングラディシュの大きな冷蔵庫に入るように作られているのか、
食料も日本に比べると大きなものが多いです。

牛乳や菓子パンなど普段よく消費するものは大きいし、野菜も多い。
それらが全て家庭の冷蔵庫に保管されて、
消費されていくわけですから肥満になる人が
日本に比べて多いのは、当然なのかもしれませんね!

ニンニン

このページの先頭へ戻る