オトクな情報「今さら聞けないクレジットカードの基礎知識」

当サイト「今さら聞けないクレジットカードの基礎知識」にご訪問いただきありがとうございます。
盛りだくさんのクレジットカード情報にご注目ください。

 

クレジットカードに関する情報サイトが非常に多く運営されており、人目でお得さを知ることが出来るようになりました。
実際に数多くのクレジットカードを比較してみると、自分に最も最適な一枚を見つけることが出来るでしょう。

 

クレジットカードを一枚だけ持つ時代は終わっており、今では一人数枚持って使い分けるのが常識となっています。
時と場合によってクレジットカードのお得さは大きく変わってくるので、是非数枚持ってお得で便利な生活を送りましょう。もし貴方の生活をさらに豊かにすることの出来るクレジットカードを選びたい時には比較サイトを参考にすると良いでしょう。
数多くのクレジットカードの特典や手数料、キャンペーンなどから比較をすることが出来るのできっと貴方の一枚が見つかります。





今さら聞けないクレジットカードの基礎知識ブログ:17/07/26
ダイエット中の主食として、
みなさんは、食パンとごはん、どちらを選びますか?
 
ダイエットに関して言うと、
ごはんの方が主食として適しているみたいですよ。

ごはんは、原料に水を加えてそのまま炊くだけですが、
食パンは、小麦粉にバターや砂糖などを加えて焼き上げたものなので、
その分ごはんに比べて高カロリーなんです。

また、それぞれの付け合わせ(おかず)の選択にも影響してきます。

ごはんの場合は、
豆腐や納豆、野菜の煮物などでおいしく食べることができますが、
食パンの場合は、ハムやベーコン、卵などが欲しくなりますよね。

トーストにした場合も、おいしく食べるためには
バターやジャムを使ってしまい、
結果として脂肪分を摂りすぎてしまうことになってしまいます。

トータルすると食パンの方が高カロリーになってしまうんです!

食事の量を減らすと、すぐに腹が空いてしまう!
だから、量はそのままでカロリーは低く抑えたい…
そんな要望に応えてくれるのが、
低カロリーな食材を使った混ぜごはんです。
 
海藻や干ししいたけ、じゃこ、きのこ類などの食材を
ごはんに混ぜて味付けをしてみると、
おかずはそんなに摂らなくても、おいしく食べることができます。
結果として低カロリーな食事で、栄養もバッチリです。

また、満腹感を得るためには、
ごはんを「おかゆ」にしてしみてはいかがでしょう?
じっくり煮込んだおかゆは、元々のごはんの量が少しでも、
食べごたえがあり、かなりの満腹感が得られます。

ごはん1杯を、おかゆ1杯にかえるだけで、
約90kcalもの摂取カロリーを減らすことができるんです。

ダイエットのために、ごはんを活用しましょう!


このページの先頭へ戻る

今さら聞けないクレジットカードの基礎知識 モバイルはこちら